素人判断は禁物です!

男性AGA 女性の薄毛でお悩みの方 お任せください!
阪急宝塚線 川西能勢口駅徒歩3分 JR福知山線 川西池田駅徒歩7分
スーパースカルプ発毛センター 川西能勢口店 発毛技能士の佐々木彩子です!

皆さん、体調は万全ですかー? そう質問されたら今までの私なら「ハイ!」って答えていたと思います。
実は先日「肩」を痛めてしまって、これくらい大丈夫!直ぐに治るだろうと、痛みをこらえながら通常の仕事を行っていました。
所が・・・時間が経つごとに痛みが増して、少し態勢を変えるだけで激痛が・・・
これは仕事に支障をきたすと思って信頼できる「鍼灸院」へ行ってみると 俗に言う「寝違え」それもかなり酷くなってる・・・。
これに手のしびれを感じてたら「むち打ち」ですよ!(脅された感満載でした)

今、どこに炎症が出て、どうなってるのか、今日出来る事、これから対処する事を詳しく説明してくださいました。
さすがプロですねー。素人の私にでも分かりやすい説明をしてくださって、とても参考になりました。

そして私はやっちゃイケナイ事をやってたことが判明!
首の付け根や肩がピンポイントで痛かったのでマッサージしてしまったんです。
筋肉を緩めると楽になるんじゃないか!って。実はそこが悪化に繋がりました。同じ緩めるにも緩めかたを間違えると悪化しますよ!と、素人判断は禁物ですね!

今は炎症が起こってるのでそれを止めることはできないけど、硬くなった筋肉を緩めるために「鍼」を打って頂いて、少し楽になって帰ってきました。

この調子だったら明日はもっと楽になってますねー」の私の言葉に医院長先生が「明日も痛みが出て、今日より出来ない事が出てくると思いますが、絶対に無理をしないように」「無理をすると炎症が長引いて更に酷くなりますよ」と忠告を頂きました(>_<)

それでも内心「そーは言っても、私はきっと大丈夫!」明日はきっと良くなってる!だってただの「寝違えだし」
そして翌朝、その通りになってます!顔を洗うのに手を顔まで持っていけなかったり、歩く振動だけでザクザクした痛み・・・。体勢を変えるだけでも痛い・・。

自分の体を過信してました! 今まで、病気と言った病気の経験がなく、体も人一倍元気だと自負していた私です。
年齢でかたずけたくはないのですが、細胞は確実に衰えてる!

これが20代だったら早く完治していたに違いありません。気持ちは、ずっと20代!でも体は50代!
自分の体を過信せず、何かあったらプロに頼ろう!と痛感した今回の出来事。
発毛でも同じことが言えるなーって思いました。

抜け毛、薄毛でお悩みの方の中で1番多い事は 素人判断でシャンプーの使い方を間違えていることです。

理由その1
頭皮を洗うと髪が抜けてしますうので・・・できるだけ頭皮は触らないように髪を優しく洗ってます。

その2
シャンプー剤が頭皮に悪いと聞いたので、お湯だけで髪を洗ってます。

その3
フケがでるので朝、夜、必ず2回シャンプーをしています。
どの理由も私と同じ素人判断で、その事が結果的に抜け毛、薄毛を招く原因の1つだと気がつきませんよね。
抜け毛が多い時こそ、しっかり頭皮の汚れを取ってシャンプーすることが肝心です。

薄毛の方の頭皮はこのように「うっ血」が見られるかたが多いです。

1)うっ血写真

うっ血は「血流が悪い状態」です。血流が悪いと髪に栄養分が行きわたらず、抜け毛を引き起こす要因の1つになります。

頭皮をマッサージしながら血流を促進させてあげる事がとっても重要になります。

抜け毛が多い時に頭皮を触ると「また抜けるんじゃないか」って不安も出てきますよね。そのお気持ち凄く分かります。そして今まで行っていたことが逆効果になってしまうと言う事をカウンセリングで、知って頂きたいです。

2)タール状写真

シャンプーを使わない事で皮脂が取り切れず、毛穴を塞いでいます。これでは良い育毛剤を使っても浸透していきませんよね。

3)フケ写真

フケ症の方はシャンプーを2回もしてしまうと、頭皮を保護してくれる皮脂膜まで落としてしまいます。ドラッグストアーなどで販売されれいるシャンプーなどは洗浄力の強い海面活性剤が入っている事が多いので、尚更、皮脂が多くなったり痒みがでたり、頭皮環境の悪化で炎症を起こしてしまうケースも多くなります。

今日は私の「肩の炎症」で痛感した「素人判断」からの発毛につながるお話でした。
お試し体験ではその方の薄毛の原因を紐解いていきます。
今、自己流で発毛しなかった人!薄毛!抜け毛でお悩みのあなた!
まずはあなたの頭皮を知る事から始めませんか?
私が責任を持って担当させていただきます。お気軽にご相談ください。

佐々木彩子のプロフィール

関連記事

  1. 20代男性 薄毛の悩み!

  2. 頭皮洗浄ビフォーアフター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。