【発毛対策ビタミン】5大栄養素ビタミンが発毛に影響する理由

スーパースカルプ発毛センター 川西池田店 発毛技能士の佐々木彩子です!

薄毛対策、発毛促進にビタミンが良と言う事はご存じですか?
私も大好きなビタミンのお話!発毛対策ビタミン!
今日はポイントを絞ってビタミンB群が健康に!育毛、発毛に物凄く重要!言う内容で、体や髪にどう良いのか、その役割とどんな食品に含まれているかご説明させて頂きますね。
今、薄毛、抜け毛でお悩みのあなた 是非参考にされてください。

ビタミンの役割

発毛対策ビタミン 発毛 ハゲ

ビタミンはですねー、分かりやすく例えると人間の体を自動車と思ってみてください。そのエンジンの役目を果たしているのがビタミンなのです。
と思うとビタミンなしでは車は走れませんよね。

食べ物から摂る糖質などの栄養は燃料となるガソリンになるわけです。
どんな良いガソリンを積んでいても燃焼させるエネルギーが無ければ自動車は動きません。そこをご理解いただけると、うわ!ビタミン重要って思いますよね。実は私このも業界に入って体の勉強をした時に同じ体感をしました(^^)

そこから私のビタミン好きは始まったんです。発毛対策ビタミンです
今回はビタミンの中でも体に重要な役割りをはたすビタミンBに注目してお話します。

ビタミンBとは?

発毛対策ビタミン 発毛 ハゲ

はい!では最初に ビタミンBというのは、ビタミンCと同様、水溶性のビタミンです。 

水溶性ビタミンの特徴は
取り過ぎても体の中で蓄積されないことです。
人間に必要な5大栄養素のうちの1つに ビタミンがあります。
あなたは5大栄養素ってご存じでしょうか?

簡単に言うと
ご飯にパンに麺類の炭水化物!
お肉や豆類に多いタンパク質!
脂質にミネラル!  そして、本日の主役ビタミン!!
これらの栄養素を5大栄養素と呼びます
では、このビタミンをさらに細かく分類すると その中にビタミンB群というものがあるのです。
群と名がつくのですから、ビタミンBは単体ではなく全部で8種類あります。

ビタミンB群種類

ビタミンB 1 チアミン
ビタミンB2 リボフラビン
ビタミンB3 ナイアシン
ビタミンB5 パントテン酸
ビタミンB6ピリドキシン
ビタミンB7 ビオチン
ビタミンB9 葉酸
ビタミンB12 コバラミン

ビタミンB群の1日の推奨摂取量

おおよそ推奨量は1日一人当たり
男性18〜49歳1.6mg、50〜69歳1.5mg、70歳以上1.3mg、
女性18〜49歳1.2mg、50歳以上1.1mg、

ビタミンB群が不足するとどうなる?

発毛対策ビタミン 発毛 ハゲ

・最近食べてないのになぜか太る!! 
・なかなか疲れが取れない!
・イライラして集中できない!

・肌荒れしやすい!
さらに細かくお悩みを出すと… 
・紫外線を浴びると肌が真っ赤になる!
・アレルギー体質で季節の変わり目が辛い!
・顔や体に湿疹ができやすい!
・口内炎や口角炎ができやすい!
・顔が脂浮きする! 
・ニキビや吹き出物が顔だけでなく、体にも出やすい
などなど…
これらはほぼ!ビタミンB群不足の可能性があります。

頭皮に関しては 顔が脂浮きしている方は頭皮もベトベトしている方が大半です。頭皮のターンオーバーが乱れ、そのベタベタから頭皮トラブルを招き、薄毛抜け毛を引き起こす原因に繋がると言えます。

そしてビタミンCのブログでもお話しさせて頂いていますが、疲労にも ホルモンバランスの崩れからくる副腎疲労や ハードワークによる疲労、悩みからくる心の疲労 など疲労も色々あります。
その疲労はストレスに繋がり薄毛、抜け毛の原因NO!とも言われています。
この、さまざまな疲労回復のカギを握り、肌にも代謝にも抜群の効果を持つのがビタミンB群! 素晴らしいんです

ミトコンドリア細胞&ビタミンB群で発毛!

発毛対策ビタミン 発毛 ハゲ

話題のミトコンドリア細胞! 役割は食べた物の栄養素をエネルギーに変えてくれる工場のような役割を果たしています。
このエネルギー生産が十分に行われなくなると、エネルギー代謝が低下してしまい、疲労感を感じ、倦怠感が続きます。

発毛で言えば毛母細胞の活性が行われず、髪が細くなり、ハリ、コシの維持ができなくなり最終的には薄毛、抜け毛に繋がります。

そこへビタミンB群をしっかり補給することで、エネルギー代謝を高め、疲労感を軽減することができます。
その結果!
風邪をひかなくなったり、太りにくい体になったり!
質の良い眠りがとれます。

発毛との関係性は毛母細胞が活性化され髪のハリコシ、艶が蘇り、育毛、発毛に繋がるわけです
今、薄毛抜け毛で悩まれている方や現在治療中の方も、疲労感や倦怠感を感じている時は髪の毛にも栄養が届いていなと思ってください。
そう感じている時はビタミンB群を積極的に摂り入てくださいね。

8種類あるとお話したビタミンB群 できれば、毎日の食事でしっかり摂ってパワフルに過ごしてください、
単体では働きにくい特徴を持つのもB群です
ビタミンBは単体でとるより、B群複合体でとるのが実は一番効率的なんです♪

中ビタミンB群8種類別の食品

1)ビタミンB 1 チアミン
にんにく 豚肉 豚レバー 胚芽米などに多く含まれています
糖質をエネルギーに変え アルコールの分解を促します
神経の働きを正常に保ち 脳の働きに関与しています

2)ビタミンB2 リボフラビン
納豆 豚レバー うなぎ チーズなどに多く含まれています
脂質の代謝を促し 肝機能の低下を和らげます
皮膚や髪を健康に保ち 成長を促進させます
皮膚や目の粘膜を健康に保ってくれます

3)ビタミンB3 ナイアシン
カツオ 豚レバー ピーナッツが多く含まれています
エネルギーの産生 糖質や脂質の分解を促します
皮膚や粘膜の炎症を抑えてくれます

4)ビタミンB5 パントテン酸
卵 肉 ヨーグルト 豆類などに多く含まれています
タンパク質 糖質 脂質の代謝機能をアップさせます
皮膚や副腎皮質の機能を正常に保ちます
さらに皮膚や毛根に栄養を与えます

5)ビタミンB6ピリドキシン
さんま 牛レバー さつまいも バナナなどに多く含まれています
たんぱく質と脂質の代謝に働き 皮膚の抵抗力を高めます
抗アレルギー作用があり 神経細胞伝達物質をつくります
脂質の抗酸化力もあります

6)ビタミンB7 ビオチン
鶏肉 豚肉 卵黄 芋類 ナッツ類などに多く含まれています
アレルギー反応を抑えたり 白髪 薄毛の予防になります
ビオチンはビタミンBの仲間ですが 特殊な働きがあり通常のビタミンB群と違い単体で働く優れものです。

7)ビタミンB9 葉酸
鶏レバー 枝豆 菜の花に多く含まれています
記憶喪失の防止や 鬱の改善などに関わっているとされ 胎児の発育や先天異常を防止してくれます

8)ビタミンB12 コバラミン
牛レバー あさり 魚 豚肉 卵 
神経を守り正常な働きを維持し ヘモグロビン 赤血球の合成造血作用や脳の発育を助けてくれます
以上8種類!ビタミン B群ってなんだかすごい!最強!って思いませんか!(^^)!

ビタミンB群は水溶性のビタミンになります
摂り過ぎは心配ないので しっかり意識して食生活を変化させてみてください。

そこで大きなポイント!

ビタミンBはビタミンCと一緒にとることによってさらに吸収率がアップします!
例えば!レバニラ炒めなんて最高です。ビタミンBとCが一緒にとれる健康、発毛にピッタリの最高の食材!
豚キムチ炒めもいいですねー 。

料理は苦手、 好き嫌いが多い、食事が不規則!
そんなあなたには 添加物の入っていないサプリメント 発毛対策ビタミンを摂取する事をおススメします。

また 精製された白い食べ物(白米、食パン、うどん、白砂糖など)や 過度のアルコール摂取 過食や ストレス 妊娠 授乳中は特にビタミンB群不足してしまうので普段より意識して多く摂るようにしてください。

さー。今日から発毛対策ビタミン!
毎日のお料理に沢山のビタミンBを取り入れて健康な体と健やかな頭皮、元気な髪を維持していきましょう。

今、抜け毛、薄毛で悩まれいるあなた。
まずはあなたの頭皮を知る事から始めてみませんか?
発毛技能士の私が責任を持って担当させて頂きます。
お気軽にお問合せください。

佐々木彩子のプロフィール

関連記事

  1. 発毛と酵素の密接な関係Part2

  2. 発酵食品で発毛!

  3. 抜毛薄毛改善は食生活が関係しています!

  4. ストレス時間を楽しむ時間に!

  5. 体の浮腫み!薄毛抜け毛に関係しています!

  6. シャンプーしているのにフケや痒みが出る理由!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA