抜毛症 どうしても抜きたくなってしまう

スーパースカルプ発毛センター 川西池田店 発毛技能士の佐々木彩子です!

抜毛症 ついつい自分の髪を抜く行為 それを繰り返し行う事で髪が生えてこない・・・。
今、抜毛症で悩まれている女性の方が増えています。今回は抜毛症からの抜け毛を3ケ月で改善された20代女性T様のビフォーアフターをご紹介させて頂きます。抜毛症の症状、予防策などお伝えさせて頂きます。
あなたの育毛の参考にしていただければ幸いです。

抜毛症とは

ネット検索するとこのように書かれています。
自身の毛髪を抜くことを繰り返し,それにより毛髪が喪失することにより特徴づけられる。
抜毛症の方は美容以外の理由で毛髪を繰り返し引っ張ったり,引き抜いたりする。 最も多いのは頭皮,眉,または眼瞼からの抜毛であるが,あらゆる部位の体毛が対象となりうる。と書かれています。

特に10代~20代の若い女性に見られる事が多い脱毛症です。
髪が何らかの原因で“抜ける”のではなく自分で“抜く”ことです。
抜く → 生える を長期的に繰り返してしまう症状です。

T様ビフォーアフター写真

①2022年5月前頭部~頭頂部の髪が少なくなっています

抜毛症


②2022年7月抜く癖を少しずつ意識されて随分髪が育ってきました

抜毛症


➂2022年8月髪を抜く癖を意識できた事で随分髪が育ってきました

抜毛症


④抜いた髪が生えて来ず、ヘアサイクルが乱れています。

抜毛症


⑤抜いた所から髪が生えて来ました。

抜毛症

T様は数か月前から髪を抜いてしまう事が止めれなくて、気が付くと頭頂部の髪が抜けて頭皮が透けて見える・・・。
それを隠すために帽子が手放せない
鏡を見るのがイヤ。
人にも会いたくない。

何かにイライラしている。
食事をつくるのが面倒、外出するのも面倒・・・。
全て面倒に感じて仕事もやる気がなくなり退職されました。

ですがそんな自分を何とかしたい気持ちでサロンにご相談に来られました。とっても勇気がいったと思います。コース中も私の話をしっかり聞いてくださり抜く行為を意識的に止めれる事ができた事は ご本人の“治したい”と思われるお気持ちの強さだと思います。

頭皮ケアもしっかり行って頂けて 発毛コースを卒業する頃には髪も生えてきて気持ちも少し穏やかになられて、再就職を考えれる前向きな気持ちになられました。
本当に嬉しいです。!(^^)!

そして抜毛症は癖ですので 繰り返す事も予測されます。これからは定期的にケアにお越しいただき、引き続き何でも話せる場所として定期ケアも同時に行っていきたいと思っています。

脱毛の原因

強いストレスで精神的に不安定になる事で、気が付くと髪を抜いている・・・
この行為は本人でも止める事ができにくく、抜くのは良くないと分かっていても止めれなくなり、一旦止めれたとしても又再発する事が多いと言われています。

改善策

抜いてしまう原因は精神的なストレスが主な原因とされています。
そのストレスになる大元の悩みを誰かに聞いてもらう事がとても重要だと思います。
ご本人も抜く行為を止めたいと思いながらコントロールができなくなり頻繁に繰り返す事が抜毛症の特徴です。
抜いてしまう行為を癖と捉えれば少し楽になるではないでしょうか。

癖は治ります。そして自分1人では治せないと感じたら発毛技能士の私に心の思いを打ち明けてください。
その癖は治ります。

抜毛症は精神的なものが原因とされています。そのため、周りの人間も含めた正しいケアが重要になってきます。
精神内科でお薬(安定剤)を処方される場合もありますが、頭皮ケアも重要です。
頻繁に髪を抜いてしまった毛根は発毛しにくくなります。
当サロンでは頭皮ケアとメンタル面のケアをしながら健康に発毛に導いていく事を行っています。

今、抜毛症で1人で悩まれているあなた。
抜くのが止めれない!と思われたら是非私にご相談ください。
抜いてしまうストレス!悪循環はもう終わりにしましょう。
発毛技能士の私があなたのお悩みをお聞きします。

【 ブログ写真記載文について 】
当サロンでは お写真・掲載内容・直筆アンケート等 ご本人様の承諾とご協力のもと掲載させて頂いております。使用承諾の許可なしに掲載する事は一切ございません。

スーパースカルプ川西池田店佐々木彩子のプロフィール

スーパースカルプ川西池田店

関連記事

  1. 発毛コース6ヶ月目のアンケート

  2. 【発毛症例AGA】男性40代5カ月の症例 不安が喜びに!

  3. 40代男性AGA発毛お試し体験報告!

  4. 女性発毛コース3ヶ月目の報告

  5. 10代20代女性の脱毛は突然やってくる!

  6. 秋は髪が抜ける

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA