睡眠と発毛!睡眠の質が重要

スーパースカルプ発毛センター 川西池田店 発毛技能士の佐々木彩子です!

睡眠と発毛の関係性のお話しです。眠りの質が良くなれば発毛率がUPする?あなたは良く眠れていますか? 私はよく眠れているから大丈夫と感じる方も、意外と睡眠の質がよくない場合もあります。どんな睡眠がよいのか、髪のお悩みがある方は是非最後まで読まれて参考にして頂けると嬉しいです。

眠りの重要性

睡眠と発毛

人生の3分の1を占める睡眠が健康と発毛にどう関係しているのか。サロンでカウンセリングしていると、良い睡眠がとれている方はとても少ないなーと感じています。

眠れているけど、冷え性の方は、恐らく良い睡眠が取れていません。
家に帰るとバタンキューで、朝まで爆睡の方も、実は良い眠りではない事が言えます。
その理由はブログの途中でお話させて頂きますね。

寝ている間に 体と脳の疲れを休ませることは勿論、眠っている間に 成長ホルモンが分泌する事で、美髪、美肌、骨、筋肉、内臓など、細胞の修復をしてくれています。

眠りの時間は身体のメンテナンスタイム

睡眠と発毛

あなたにとって必要な睡眠は足りていますか?
一度トイレに起きたらなかなか眠れないなどなど  こんな悩み抱えていませんか?
世界の中でも日本人は一番睡眠時間が短かくて 5人に1人が睡眠に不安を抱えているそうですよ。
あなたが眠っている時にしか細胞を修復することができないのです。(この事実、知らない人が多いです)

そう! 髪も同じで睡眠中に伸びるんです。起きてる時には髪は伸びないのです。
そう思うと健康な身体と髪を手に入れる事は良質な睡眠を取る事が重要って思いますよね。

眠りの質が良くないと発毛にどう影響する?

睡眠と発毛

・血行不良
睡眠不足は、血行不良を招き、髪の毛に栄養や酸素が行き渡らず、髪の成長を阻害します。

・発毛サイクルを乱します
睡眠中に成長ホルモンが分泌して、毛母細胞が分裂し発毛を促します。睡眠の質が良くないとサイクルを乱し、髪の成長を遅らせる可能性があります。

・ストレスホルモンを増加
睡眠不足はストレスホルモンを分泌し増加させます。ストレスは脱毛を引き起こす要因となります。

・炎症、痒み
睡眠不足は免疫力が低下する要因でもあり、頭皮の皮脂コントロールにも関わっています。睡眠不足で、頭皮の炎症や痒みが引き起り、抜け毛を招く可能性があります。

睡眠が不十分になると修復のメカニズムが乱れます。心身のメンテナンスも不十分になってきます。
倦怠感・代謝不足・記憶力低下・内臓機能低下・免疫力低下につながり また肥満や肌荒れ 毛周期の乱れから抜け毛・薄毛にも影響します。

そしてストレス社会の現代人 睡眠不足では ストレス解消はできません。
ストレスも抜毛に大きく影響してきます。
ではどうやったら良い睡眠が取れるのでしょうか。
睡眠の基礎知識と良質な睡眠を取る方法をお話します。

睡眠の基礎知識

睡眠と発毛

睡眠の質は体温調節や体内修復 そして成長に関連するホルモン分泌と相関関係にあります。
睡眠の質を向上させるほど 心身の疲労回復や脳に蓄積した疲労を取り除くことにつながります。

成長促進・健康促進・精神安定・アンチエイジングはもちろん ダイエット・美容促進・運動機能アップ!そしてもちろん発毛にも! 
良質の睡眠はさまざまな効果をもたらしてくれます
睡眠って大事ですよねぇ(^^)

良質な睡眠を取る方法

うたた寝は避けましょう
ご飯を食べた後、眠くなってウトウト・・・うたた寝をしてしまう。とっても気持ちいいのですが、疲れが軽減されて眠気が弱くなり就寝時の寝つきに影響を与える事があります。

良質な睡眠を得るには就寝前の8時間はうたた寝はしない方がいいかもしれません。

就寝3時間前には夕食を済ませる
食事後すぐに寝てしまうと 体は消化活動を優先するため内臓を休ませる時間が短くなるからです
睡眠につく前には消化活動が終わっていることが理想的です

心地いい運動をする 日中できるだけ体を動かす! 
スポーツジムやヨガ・ウォーキングにストレッチ 好きなスポーツを定期的にするのもいいですね
日中に心地いい運動を行うと 生活の中にメリハリができて自然な眠気から深眠につなげられることが期待できます。

ぬるめのお湯で入浴をする
高温のお湯は体の負担も大きく覚醒してしまいます
体温から2度ほど高い38度前後のぬるめのお湯で ゆっくりと温まることで1日の緊張をほどきリラックス効果を高めましょう

睡眠前はリラックスできる環境にする
寝る前はできるだけスマホやパソコンなどを避け 少し照明をおとしてよりリラックスできる状態を作ります
好きな香りのアロマを炊いたり ヒーリングミュージックをかけたり そこに温かい飲み物があるといいですねぇ
ただしNGはカフェインの入っているものや アルコールは避けましょう。

睡眠時の照明は間接照明を選ぼう
天井照明(豆電球)は光が直接目に入ってしまい、メラトニンの分泌が抑えられて眠りが浅くなると言われています。
天井照明の豆電球をつけっぱなしにしていると眠りが浅くなるだけでなく、肥満にも影響するデータもあるそうですよ。

自分に合った寝具を選ぶ
睡眠中の発汗に備え 吸水性や放湿性の良いもの選び 枕の高さやマットの硬さ 寝返りのしやすいものを自分の体に合わせて選びましょう

お布団に入ってから深呼吸
これ最後にすごくおすすめです!
できれば上向きで少し足を開き お腹に両手を当てて 大きくゆっくりと深呼吸してください。
この体勢が取れない方は どの体勢でもOKですよ。
ゆったりと呼吸している間に 眠りに落ちていけば 質の良い睡眠に入っていけます!
最後に目を閉じると爆睡してます!と言うあなた。
そのような方は睡眠不足とも考えられます。
俗にいうと睡眠飢え。

睡眠不足からいつでもどこでも眠れるという事に繋がっている方がとても多いのです。
いつでもどこでも眠れる方は、しっかり睡眠を取る時間を作る事をお勧めします。
これは人それぞれ生活習慣が違うので 参考にしていただいて取り入れやすいものから始めてください

バランスの良い睡眠が取れてくると 自然と体質改善し体調がどんどん良くなって髪の質の変化など体感して頂けると思います。

今回は眠りついてお話しました。
今、抜け毛 薄毛でお悩みのあなた。
まずはお試し体験でご自身の頭皮を知る事から始めてみませんか?
発毛技能士の私が責任を持って担当させて頂きます。
是非お気軽にご相談ください。

スーパースカルプ川西池田店佐々木彩子のプロフィール

スーパースカルプ川西池田店

関連記事

  1. 薄毛を感じている人へ

  2. 水を摂る理由と摂り方!

  3. 内臓の冷えが抜け毛を招く!

  4. ストレスと低体温!

  5. 珪素で発毛率がグーっと上がる訳

  6. 季節の変わり目は抜け毛が増える!