遺伝子検査について!

スーパースカルプ発毛センター 川西池田店 発毛技能士の佐々木彩子です!

遺伝子検査!今回の勉強会の内容は遺伝子レベルでの発毛について。「遺伝子検査」その開発企業より楊(ヤン)先生を講師に招きオンラインで講習して頂きました。
勉強会では、普段学ぶことできない遺伝子の配列の違いによる薄毛遺伝リスクの判断や科学的根拠に元づく内容を学ぶことができましたので皆様にもシェアさせて頂きます。

遺伝子検査

AGA遺伝子検査で4つの事が明確になる

AGA発症リスク

男性ホルモンの感受性(アンドロレセプター)に関わる遺伝子(DNA塩基配列)を調べる事で遺伝子的にAGA(男性型脱毛症)を発症しやすい体質なのかが分かる

フィナステリドの有効性(AGA治療薬)

フィナステリドを服用した場合、薬が効きやすい体質なのかそうでないのかがわかります。
※フィナステリドとは前立腺肥大治療薬一般的に医療機関で処方されるAGの代表的な薬

過酸化脂質リスク

頭皮の炎症の元となる過酸化脂質が発生しやすい体質なのかがわかります。

血流リスク

育毛ケアに大切な血流を減少させるリスクがあるかそうでないかがわかります。

薄毛になる原因となりえる脱毛因子を生成するAR(アンドロゲン)受容体がDHT(ジヒドロテストステロン)と結びつきやすいかどうかを調べる事で、AGAを発症するリスクがどの程度なのか、遺伝的リスクとプロペシアによるAGA治療の効果の有無を数値化して、判断できる事であなたに合わせた対応策をご提案できます。

遺伝子とは、一生変わることのない体の設計図です

遺伝子検査

DNAは物質で遺伝子は情報になります。と言われても・・・ちょっと分かりにくいですね(笑)
私たち人間の体は細胞の集合体です。その細胞に“核”というものがあるそうです。

では 核を箱と見立ててください。
箱の中に染色体というモノがあって、それは父親と母親から23本づつ 合計46本受け継がれます。染色体は巻物と思ってください。
その巻物は母と父から1つづつ受け継いで2対で1セットが23対あります。この巻物がDNAで、その巻物を広げて出てくる文字が遺伝子です。

つまりDNAが物質で 遺伝子は情報と言う事です。
図に書いてみました。こんな感じです(^^)

遺伝子検査
遺伝子検査

なんと!60億文字の文章で書かれている体の設計図その中身は全てA, T, G, Cの文字だそうです。
60兆個の細胞1つ1つ の中に同じ設計図が保管されています。
その量は「広辞苑 約400冊分」と言われています。
気が遠くなる数字で想像すらできない私です・・・・(*_*)

そしてDNAは糖とリン酸と塩基でできています。
DNAを構成する塩基はA(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4種類だけなのです。
私たちの体は、この4種類の文字を使って書かれていて遺伝子情報を記録しています。

AGAの遺伝とは?

遺伝子検査

男性ホルモンがAGAを引き起こすものではありません。
男性ホルモンが酵素とくっついて悪玉男性ホルモン(DHT)に変化します。
そのDHTを受けるアンテナがあるのですが、これがアンドロゲンレセプターと言われています。
そのアンテナにDHTを受信する事でAGAのスイッチが押されます。
そのアンテナの数が多ければそれだけAGAのリスクが上がります。
逆に少なければAGAのリスクが低くなります。

遺伝で受け継がれるのはそのアンテナ(アンドロゲンレセプター)の数が受け継がれるのです。
アンテナの数が多いか少ないかでAGAの遺伝るリスクが高いか低いかが分かると言う事です。

遺伝子検査でなにが分かる?

すこし難しい内容ですが・・・
そのアンテナ(アンドロゲンレセプター遺伝子)は、性染色体であるX染色体にある遺伝子です。
この遺伝子はC(シトシン)、A(アデニン)、G(グアニン)の3つずつの塩基の繰り返される配列部分があり、 そのC、A、Gの繰り返し合計数には遺伝的個人差があります。この繰り返し数がAGA発症リスクに関与していることが知られています。

AGA遺伝子検査では、AR領域のリピート配列の数を検証し、AGA発症リスクを調べる他、フィナステリドの効きやすさ、過酸化脂質リスク、血流リスクを見ていきます。

スーパースカルプでは、AGA遺伝子検査が可能です。
薄毛は遺伝によるものなのか、それとも普段の生活習慣によるものなのか・・・・お客様からもよくご質問を頂く事がございます。

AGAの症状なのか、また違う要因なのか・・・。ある程度の診断はできるのですが今起きている脱毛がAGAによるものであるといった確実な判定や、プロペシア(成分名フィナステリド)による治療で効果が出るかといったことは判断できません。
そういった診断を可能にするのが、AGA遺伝子検査です。

スーパースカルプのAGA遺伝子検査は大学等で研究に従事する医学、生物学の専門家が解析を行っており、最新の科学的根拠に基づいた信頼性の高い検査を提供しております。
AGA遺伝子検査をされたいと思われた方!是非この機会にやってみてはいかがでしょうか? 遺伝子は生涯変わる事がありませんので1回の検査で十分です。

また薄毛は遺伝病だけではなく、生活習慣やヘアケア、環境的要因で薄毛になるかならないか?が大きく変わるということも確かなようです。
日頃何気なくしている行動が意外と薄毛に繋がる事もあったりします。

今、薄毛、抜け毛でお悩みのあなた。
まずはお試し体験であなたの頭皮を知る事から始めてみませんか?
発毛技能士の私が責任を持って担当させて頂きます。
お気軽にご相談ください。

スーパースカルプ川西池田店佐々木彩子のプロフィール

スーパースカルプ川西池田店

関連記事

  1. 髪のボリュームを取り戻そう!

  2. 笑いは発毛促進に!

  3. 薄毛 抜け毛の悩みは相談から!

  4. 薄毛の悩み 男性と女性の違い 特徴と対策

  5. 水を飲むと髪が生える!

  6. 毎日できる薄毛予防習慣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA